長期優良住宅の割合ってこんなに少なかったとはビックリ!

こんにちは!

設計の安倍です😊

 

先日、雑誌を読んでいたらビックリ!!

愛媛県内で新設着工戸数が年間7千戸数以上建っているのに長期優良認定を受けているのはたった2割にも満たない💦長期優良住宅の認定を取るのは今どき当たり前と思っていましたが、こんなにも少ないんですね😲

 

認定を受けるために申請期間が通常より長くかかる。申請費にコストもかかる。などのデメリットもありますが、税制面の控除や資産価値の下がりにくさ、そして何より安心で安全な住宅に長く住んでもらいたいので個人的にはやっぱり必要だと思います😊

たまに耐震等級3相当と書いてあるチラシを目にしますが、あくまでも建設会社の自称で公的効果はないものです。「耐震等級3」と「耐震等級3相当」は一見似ているようで全然違うので、家を建てる時の大事な見極めポイントです😊

ブログ一覧に戻る